このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

MPS(マネージド・プリント・サービス)出力機器見える化サービス

現状の問題点・課題を「見える化」し、出力機器管理・運用を継続的にサポート。

出力機器管理・運用の改善は「見える化」から。

出力コスト、消費電力、CO2の削減、操作性の向上、セキュリティ強化──それらを実現するには、現状分析のための「見える化」が求められます。リコーの『MPS(マネージド・プリント・サービス)出力機器見える化サービス』は、お客様の現状把握を起点とし、出力機器管理・運用を継続的にサポート。出力環境継続改善に向けたPDCAサイクルを提供します。

出力環境継続改善に必要なPDCAサイクルを提供いたします!

継続改善サイクルにより、導入後の利用枚数増加などのリバウンドを抑制。

MPS出力機器見える化サービス/導入メリット

MPS出力機器見える化サービスは、リコーMPSのノウハウをパッケージ化し、お客様にとって最適な出力環境の運用・活用をサポート。現状の問題点を見える化し、継続的な改善へと導きます。

MPS出力機器見える化サービス/導入メリット

MPS出力機器見える化サービス/サービス構成

MPS出力機器見える化サービスは「出力機器管理サービス」「出力機器稼動状況レポーティングサービス」の基本メニューに加え、オプションの「出力機器改善支援サービス」の3つのサービスを柱に構成されます。

出力機器管理サービス

契約対象となる出力機器の情報を一元的に維持・管理するための出力機器管理台帳やレイアウト図(オプション)を提供します。

導入効果
  • ・出力機器の一元管理による機器情報の更新・検索業務の負荷を軽減
  • ・全体最適を考慮した購買計画等を効率的に実現

出力機器稼動状況レポーティングサービス

契約対象となる出力機器の稼動情報を定期的に取得し、報告書にまとめて提供。現状を明確かつ確実に把握することができます。

導入効果
  • ・出力環境に費やすコストの削減余地を可視化することが可能
  • ・継続的な把握により出力機器適正化後のリバウンドを防止
  • ・出力機器環境改善の根拠となるデータを蓄積

出力機器改善支援サービス(オプション)

出力機器稼働状況レポートを活用し、年4回の報告会にて具体的な改善ポイントを提示。さらには、改善の実行に向けた取り組みを支援します。

導入効果
  • ・ベンチマーク値などとの比較により具体的な目標値による改善を実現
  • ・目標値に対する具体的な改善ポイントを指摘し、より効果的な改善策を策定
  • ・年間を通じて改善を継続することで確実な改善を図ることが可能

お問い合わせ

お問い合わせ窓口はこちら

お問い合わせ