このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

太陽光発電O&Mサービス

太陽光発電O&Mサービス

リコージャパンでは太陽光発電設備を24時間365日常時監視。発電量を可視化することで落雷などによる機器トラブルやその他の要因によって起きる発電停止・低下を早期に発見・解決します。発電所に障害が発生した場合は最寄りのサービス拠点から迅速に駆けつけ、復旧対応を行い安定稼働のご支援と売電収入の低減を抑えます。
さらに、発電事業を安定継続するためのメンテナンスや関係法令の遵守が求められる「改正FIT法」。その対応に向けて、ガイドラインに準拠した事業計画策定・申請及び実運用までをご支援いたします。

※O&M:Operation & Maintenance(運用管理・保守)

リコージャパンが提供する太陽光発電O&Mサービスの特長

Point1

専門オペレーターによる24時間365日の遠隔監視体制

専門オペレーターによる24時間365日の遠隔監視体制

PCSのアラートを24時間365日監視。必要時には、エンジニアの駆けつけをスピーディーに手配します。また発電量のモニタリングなども行ない、お客様サイトをトータルに見守ります。

Point2

不具合発生時に迅速に現地に駆けつけ

不具合発生時に迅速に現地に駆けつけ

お客様の発電所へ最寄りのサービス拠点からエンジニアが駆けつけ、不具合の原因切り分けと対応を行ないます。ロス時間を短縮し、安定稼働をご支援いたします。

Point3

国内外、多数のメーカーに対応

お客様環境に合わせたマルチベンダー対応

お客様ごとの多様なメーカーの各種設備・機器に、リコーのエンジニアが現地にて、ワンストップで対応いたします。

Point4

発電所をレポートで「見える化」

発電所をレポートで「見える化」

お客様サイトの稼働状況やアラート発生・対応履歴を、定期的にご報告します。日別・月別などの、発電量やアラート発生の傾向が把握できます。

安定稼働をサポートする「太陽光発電O&Mサービス」体制図

*EPC:Engineering(設計)、Procurement(調達)、Construction(建設)を請け負う事業者の略称です。

駆けつけ事例のご紹介

PCS停止による損失例

発電所規模:1Mw(500kwPCS×2台)

事象:落雷によりPCS1台が停止

Before:自社での管理復旧が遅れれば1日当たり5万円の損失

After:太陽光発電O&Mサービス利用迅速な駆け付け対応により損失を低減

※損失金額のイメージはご参考となります。

定期点検時に発見した不具合事例

Case1:PVモジュールの一部に焦げ

Case1:PVモジュールの一部に焦げ

赤外線サーモ試験でモジュールの一部に焦げている箇所を発見。

Case2:落雷

Case2:落雷

落雷により避雷素子の焼損を発見。

Case3:機器不良①

Case3::機器不良①

モジュール裏面のジャンクション・ボックスが焼損。

Case4:機器不良②

Case4::機器不良②

PCSファン停止を発見。

太陽光発電O&Mサービス紹介動画

よくあるお問い合わせ

販売・施工会社様はこちら

新規パートナー申込み、御見積依頼、資料請求をメールで受け付けております。

お問い合わせ

事業主様はこちら

資料請求、お問い合わせはメールで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

まずは資料請求