このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

きりんスキャン

パートナー名:きりん株式会社

<無床クリニック>向け

完全無料の電子カルテ「きりんZERO」と複合機の連携で手間もコストも劇的ダウン

電子カルテを導入するにはコストも移行作業の手間もかかるから・・・と、二の足を踏んでいませんか?リコー複合機と連携したきりんZEROなら簡単移行!

現状の課題

クリニックに患者様が来院された際、保険証や医療証、お薬手帳など患者様からお預かりする書類は、コピーを実施・保管する必要があります。
また、電子カルテを導入する場合、今まで紙カルテで運用していたものを電子データにするための移行作業が発生します。

一般的な作業

  • コピー機で保険証やお薬手帳をコピーする。
  • コピーした書類をファイリング保管。
  • 患者カルテとコピーした書類を紐付けし管理。
  • 紙カルテを電子カルテへ登録する。
  • 紙カルテをPDF化する。
  • PDFデータと電子カルテの紐付けを行う。
解決

きりんスキャンなら、ボタンひとつでカンタン紐付け!

ボタンひとつでスキャン・登録データへの紐付けが完了!

画像:ボタンひとつでスキャン・登録データへの紐付けが完了!

きりんZEROとリコー複合機の連携により、患者様の書類を複合機でスキャンし、そのスキャンデータを電子カルテ上に簡単に取り込むことができます。

保険証の写しなど紙媒体の管理をする必要がなくなり、また電子カルテ上で患者データと紐づけることができるため、データ管理が容易になります。

解決ポイント

きりんZEROは、リコー複合機との連携により、過去(紙)カルテだけでなく、患者様の書類全般(保険証、お薬手帳、検査データなど)も、スキャン・PDF化し、電子カルテデータに簡単に紐づけすることができます。

患者様の来院時に電子カルテデータを作成・患者情報を登録後、過去(紙)カルテをスキャンすれば、自動で患者データとの紐付けができるので、通常通りクリニックを運用しながらの移行作業も可能です。

画像:スキャン取り込み(複合機操作)の流れ

事前準備なしで電子カルテを導入

画像:事前準備なしで電子カルテを導入

  • クリニック内で簡単に運用できるため、電子カルテ・紙カルテの移行費用ゼロ
  • 紙カルテとのカンタン連携
  • 導入前の事前準備がゼロ

(右図)きりんZEROとRICOH複合機連携ソリューション導入後の作業フローイメージ

システム構成図

システム構成図

お問い合わせ先

きりん株式会社

お問い合わせ
製品詳細情報および利用申し込み
http://xirapha.jp
お問い合わせ

ご質問・お問い合わせ

Ricoh Developer Programの詳細については、こちらにお問い合わせください。

ご質問・お問い合わせ